大人の風俗の嗜み方

一番気が休まる場所なんです

ある意味、最も気が休まる場所。それが風俗なんです。これは本当に大袈裟でもないんでもないんですよ。なぜなら、今の時代は「火のない所に煙は立たぬ」という言葉が通用しないじゃないですか。普通にSNSで話しているだけなのに炎上騒動になったり。あるいは日常生活でもこっちとしては全然そんな気はないのにセクハラやパワハラだと騒がれるようなこともありあすよね。この前会社の同僚が後輩の女性社員に少しきつめに注意したら「パワハラ」だと。もう何が何だか分からないような時代になっていますけど、風俗のあの空間でだけはそういった煩わしさから解放されるじゃないですか。炎上騒動なんて気にする必要もなければ、どれだけ相手の体を触ったところでセクハラだと騒がれるようなこともありません。現代を生きる自分も含めた多くの男にとって、風俗以上に気が休まる場所はないんじゃないのかなって思うんです。快感よりもその点が魅力と言ってよいんじゃないですかね。沖縄風俗でナンバー1のサイト

ポジティブシンキングも鍵

「ポジティブシンキング」は、どんな子とも前向きに考えるって意味だと思うんですけど風俗でもポジティブシンキングは割と大切なことなんじゃないのかなと思っています。というのも、遊ぶのであればやっぱり前向きな気持ちを持っていた方が良いんです。時には自分の理想とは違う風俗嬢だったり、あるいは自分のイメージと微妙に違ったりといったこともあると思うんです。そんな時に「もう楽しめない」と思うよりも「まぁイメージと違うことなんて日常茶飯事だし、この子と楽しもう」と思うのとでは、どちらの方が楽しい気持ちになるのかなんて言うまでもないんじゃないですかね(笑)結局風俗嬢が出来ることは100%の満足のうちの50%までなんです。残りの50%は風俗嬢がもたらしてくれるものではなくて、自分の気持ちでそこまで到達すべきものなので、何も出来ないようであれば意味がないというか、ポジティブシンキングによって生まれることは多々あるってことです。