大人の風俗の嗜み方

迷うことさえも醍醐味なんです

他のことであれば迷うのってあんまりよくないことだと思うんですよ。迷っていないで早く決めろって話ですけど、ただ風俗に関しては迷うことそのものもある意味では娯楽なんじゃないのかなって思いますけどね(笑)迷っているのもまた、それはそれで楽しいじゃないですか。風俗のポータルサイトを見て、じゃあどうするのか。女の子にジャンル。さらには何分コースにするのかやオプションなど、風俗には様々な選択肢がありますので迷うなと言う方が無理な話ですよ(笑)でも、それが面白いんじゃないですか。むしろそこで迷ってどうしようかと考えることもまた、風俗の楽しさの一部だと思うんですよ。どんな女の子にするのかと言うことを考えて、さらにはその女の子との時間を楽しむという点ではやっぱり風俗って最高だよなって。しかも選んだ女の子とは自分で楽しめるんです。そういったシステムてきなことをかんがえても、やっぱり風俗は本当にありがたいものだなって。

風俗というカテゴリー

風俗というカテゴリーそのものが好きなんですよ。だって特別そのものじゃないですか(笑)他に類を見ないというか、むしろこれだけ男の願望を形にしたサービスって風俗だけしかないんじゃないですかね。そう思えるくらい、風俗というのは男の理想そのものを形にした世界だと思いますので、男が遊んで楽しくない訳がないじゃないですか(笑)むしろこれだけ楽しい世界、そうそう無いだろうとさえ思うんですよね。それも含めて、やっぱり風俗って最高だなとか、これこそが風俗の素晴らしさだよなとか自分でもいろいろと思うことはあるんですよ。むしろそれらを考えることこそが、何気にとっても面白いしやっぱりこれは風俗だけでしか出来ないことだよなって気持ちにさせられるというか(笑)あんまり理屈で細かい説明をするのは得意ではないんですけど、風俗に関しては理屈ではなく本能というか、とりあえず一度楽しんでみれば魅力に気付くんじゃないのかなと思いますよ。